忍者ブログ

丘の上の小さな部屋より

毎日の中で見つけたことを気持ちの赴くままに。

『死ぬほど読書』

時々ここに読んだ本のことを書くけれど
もともと読書はあまり好きではなかった。

周りの大人から「本を読みなさい」
とうるさく言われていたが

言っている当の本人が
本や新聞を熱心に読んでいる姿も
読んだ本の話をする姿も見たことがなかった。

どんなに言葉巧みに話しても
実際の行動や体験が伴わないと
説得力に欠ける。

それと、読書感想文の宿題。

きっと大人はこういう感想を求めているんだ
と子供ながらに計算して
無難なことを書こうとしていたし

そもそも読んだ本の感想を
わざわざ文章にしなければならない
という作業がね、、(笑)

インプットとアウトプットの作業って
こんなにも違うものなんだということを
ここで学べとでも言うのだろうか。

それもさておき

私は読書が習慣になってから
まだ日は浅いので
偉そうなことは言えない。

けれどもし「そんなに読書って大事ですか?」
と思っているのなら
ぜひこの本を読んでほしい。


死ぬほど読書 (幻冬舎新書) [Amazon]



本当に本が好きで
たくさんの本に出会っている人から

読書を通して得たことや
読書そのものの楽しさを
たくさん教えてもらっている。

この本もその一冊で
お気に入りの言葉のところに
先日買った細い付箋をペタペタ貼った。

その中でも今のお気に入りは
たくさんの経験を積んで、たくさんの本を読む。
時間をかけてシワをたくさんつくってきた人は、
シワの数だけ、より深い人生を生きられる。
そうやって心のシワを増やすことは
何物にも代えがたい喜びだと思います。(p.148)

顔のシワは増えてほしくないけれど(笑)

心のシワを増やして
気持ちが充実した毎日を送ろうと思う。

死ぬほど読書 (幻冬舎新書) [ 丹羽宇一郎 ] [楽天]


ご覧頂きありがとうございます<(_ _*)>
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
PR

プロフィール

HN:
まる
性別:
女性
趣味:
音楽鑑賞、DVD鑑賞、読書、料理、散歩、お店巡り など。
自己紹介:
時間が恋人なんじゃないかと思うくらい、ひとりで過ごすのが大好きです。
笑顔が自然にこぼれてくるような毎日を送るため、あれこれ試行錯誤の毎日です。

カテゴリー

AdMax

にほんブログ村

人気ブログランキング

アクセスランキング

Copyright ©  -- 丘の上の小さな部屋より --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]